大阪の賃貸マンションのカリスマ賃貸ネット。よくあるご質問とそのご回答です。

賃貸お悩みQ&A

HOME > 賃貸お悩みQ&A

賃貸お悩みQ&A

お部屋を借りるといっても、さまざまな事柄を知っておかなければ後で問題が起きることも少なくありません。こちらでは、お客様からよくお寄せいただく賃貸に関するご質問とその回答を掲載しておりますので、ご参考にしてください。また、その他ご不明な点、疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


賃貸のよくあるご質問

保証金・解約引きとは?
地域によって保証金は、敷金・礼金といわれることもありますが、関西では敷金・礼金を合わせて保証金といいます。礼金は、解約引きや敷引きと同じ性質のもので、借主に返金されることはありません。退去の際には解約引き、敷引きとしてあらかじめ決められていた金額を差し引いた残りが借主に返金されます。
日割り家賃とは?
契約開始月の家賃を日数で割った家賃のことです。お部屋を契約すると、契約日から家賃が発生します。例えば、家賃6万円のお部屋を16日から申し込んだとした場合、日割り家賃は15日分、つまり3万円が日割り家賃として請求されます。
家賃の値上げに納得できない場合は?
家賃の値上げは、当事者同士の合意があってはじめて成立するものです。一方に不利な条件を提示されても承諾できないということ、賃借人が考える適切な家賃とその理由を文書にして、解答しましょう。
釘や画びょうの穴はOK?
原則として画びょうはOK、釘はNGです。釘の穴は画びょうに比べて大きく、下地のボードまで損傷し、壁紙だけのはり替えでは済まなくなってしまいます。さらに、退去時に修繕費用として請求される可能性が高くなります。
入居中、エアコンが壊れた場合は?
賃貸借契約書の特約事項がなく、通常の使用のもとで故障した場合、貸主が修理費用を負担します。しかし、入居者の故意もしくは過失の場合は、借主が修理費用を負担します。
保証人になってくれる人がいないのですが?
保証人がいなくてもご入居いただけるお部屋もございます。一度ご相談ください。
解約通知書を出し忘れてしまった時は?
原則は賃貸借契約書の裏に付いている解約通知書を期日までに書面で通知しなければなりません。賃貸借契約書に定められた解約通知期日までに通知できなかった場合は、余分な家賃を支払わなければならない可能性がありますので十分注意してください。例えば、解約通知が1カ月前として契約されている場合、4月30日に退去を希望するならば、3月31日までに解約通知書を郵送する必要があります。
ページトップ

HOME アクセスマップ 物件リクエスト お問い合わせ